コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青巌周陽 せいがん しゅうよう

1件 の用語解説(青巌周陽の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

青巌周陽 せいがん-しゅうよう

?-1542 戦国時代の僧。
曹洞(そうとう)宗。上野(こうずけ)(群馬県)永源寺の嫩恕全芳(どんにょ-ぜんぽう)の法をつぐ。大永(たいえい)(1521-28)のころ江戸の吉祥(きちじょう)寺の開山(かいさん)となる。天文(てんぶん)11年7月18日死去。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

青巌周陽の関連キーワード曹洞廓翁宗周箕外需糠喜山宗忻規川宗策亀洋宗鑑少伝宗誾真翁宗見竹翁宗松南英禅茂

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone