青巌周陽(読み)せいがん しゅうよう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

青巌周陽 せいがん-しゅうよう

?-1542 戦国時代の僧。
曹洞(そうとう)宗。上野(こうずけ)(群馬県)永源寺の嫩恕全芳(どんにょ-ぜんぽう)の法をつぐ。大永(たいえい)(1521-28)のころ江戸の吉祥(きちじょう)寺の開山(かいさん)となる。天文(てんぶん)11年7月18日死去。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

メルカリ

スマートフォンで、フリーマーケットの利用ができるアプリ。2013年7月にサービスが開始され、15年11月には、2000万ダウンロードを突破した。運営会社は、株式会社メルカリ。Andoridと、iPho...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android