コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青柳高鞆 あおやぎ たかとも

美術人名辞典の解説

青柳高鞆

国学者・祠官下総生。名は義尊・義貫、通称建之助、号は鼎斎。平田篤胤の学を信じ、医学を権田直助に学ぶ。維新の初めに足利三代木像梟首事件に関わり、伊勢菰野藩に幽閉された。維新後、神祇官・鹿島神宮少宮司等を経て、実行教権大教正を務める。著書に『祝詞正解』『玉鉾百首略解』がある。明治25年(1892)歿、53才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

青柳高鞆 あおやぎ-たかとも

1840-1892 幕末-明治時代の国学者。
天保(てんぽう)11年1月10日生まれ。平田国学の影響をうけ,京都で足利氏木像梟首(きょうしゅ)事件にくわわり捕らえられる。維新後,鹿島(かしま)神宮少宮司(しょうぐうじ)などをつとめ,明治10年より「やまと叢誌」を刊行。明治25年10月8日死去。53歳。下総(しもうさ)香取郡(千葉県)出身。名は別に義尊,義貫。通称は健之介(建之助)。号は鼎斎。著作に「精神一注」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

青柳高鞆
あおやぎたかとも

[生]天保11(1840).下総,滑川
[没]1892
幕末の神道家。平田派国学者。明治維新後,神祇官に仕える。主著『祝詞正解』『玉鉾百首略解』。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

青柳高鞆の関連キーワード青柳健之介葛生 東介葛生東介明治時代

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android