コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青海波文 せいがいはもん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

青海波文
せいがいはもん

波文様の一種で,同心円の弧を鱗状に並べた日本の文様。古墳時代の女子の衣服に描かれ,平安時代の十二単衣の裳や小袖に用いられた。また,舞楽の『青海波』の衣装にも使われたため,この名があるといわれる。これと同じ波形を江戸時代塗師青海勘七が特殊なはけで漆器に施すことを考案し,世人が青海波と呼んでもてはやした。また江戸時代の銅銭にも用いられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

青海波文の関連キーワード青海波(雅楽)

今日のキーワード

ディーセント・ワーク

ディーセント・ワーク(Decent Work)とは1999年、ILO(国際労働機関)のフアン・ソマビア事務局長が就任時に掲げたスローガンです。「人間らしいやりがいのある仕事」「適切な仕事」などと邦訳さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android