コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青色強膜 せいしょくきょうまく Blue Sclera

1件 の用語解説(青色強膜の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

せいしょくきょうまく【青色強膜 Blue Sclera】

[どんな病気か]
 常染色体優性遺伝(じょうせんしょくたいゆうせいいでん)する先天性の病気で、強膜が全体に青く見えます。
 視機能は正常ですが、全身の骨の脆弱(ぜいじゃく)と難聴(なんちょう)を合併することがあり、この場合はヴァンデルヘーベ症候群(しょうこうぐん)と呼ばれます。
 正常の人でも、強膜に青色または深青色の境界鮮明な着色斑(ちゃくしょくはん)をみることがありますが、これは強膜青色母斑(きょうまくせいしょくぼはん)で、心配はありません。
 青色強膜自体は眼科の治療対象ではありません。原因となる病気があるときは、その治療を行ないます。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

世界大百科事典内の青色強膜の言及

【強膜】より

…先天的な異常によって強膜が薄く弱い場合は,強膜はしだいに引き伸ばされ,薄い強膜を通してぶどう膜が透見される。これが青色強膜blue scleraである。また強度近視でも,眼軸が伸ばされ,長円の眼球となって強膜は伸び,薄くなる。…

※「青色強膜」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

青色強膜の関連キーワード常染色体伴性遺伝従性遺伝保因オートソームグルタチオン還元酵素欠損常染色体遺伝無アルブミン血症リシンタンパク質不耐症リー病

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone