コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青色強膜 せいしょくきょうまくBlue Sclera

家庭医学館の解説

せいしょくきょうまく【青色強膜 Blue Sclera】

[どんな病気か]
 常染色体優性遺伝(じょうせんしょくたいゆうせいいでん)する先天性の病気で、強膜が全体に青く見えます。
 視機能は正常ですが、全身の骨の脆弱(ぜいじゃく)と難聴(なんちょう)を合併することがあり、この場合はヴァンデルヘーベ症候群(しょうこうぐん)と呼ばれます。
 正常の人でも、強膜に青色または深青色の境界鮮明な着色斑(ちゃくしょくはん)をみることがありますが、これは強膜青色母斑(きょうまくせいしょくぼはん)で、心配はありません。
 青色強膜自体は眼科の治療対象ではありません。原因となる病気があるときは、その治療を行ないます。

出典 小学館家庭医学館について 情報

世界大百科事典内の青色強膜の言及

【強膜】より

…先天的な異常によって強膜が薄く弱い場合は,強膜はしだいに引き伸ばされ,薄い強膜を通してぶどう膜が透見される。これが青色強膜blue scleraである。また強度近視でも,眼軸が伸ばされ,長円の眼球となって強膜は伸び,薄くなる。…

※「青色強膜」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

青色強膜の関連キーワード骨形成不全症

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android