脆弱(読み)ぜいじゃく

精選版 日本国語大辞典「脆弱」の解説

ぜい‐じゃく【脆弱】

〘名〙 (形動) (「せいじゃく」とも) もろくて弱いこと。また、そのさま。
※童子問(1707)中「雖南宋、可以撻北韃之勁兵
※露団々(1889)〈幸田露伴〉一三「自ら其の船の脆弱(ゼイジャク)、其人の怯懦を表露して、到底人生の航海を安全愉快に了る能はざるを示せる者なれば」 〔魏志注‐斉王紀〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「脆弱」の解説

ぜい‐じゃく【×脆弱】

[名・形動]もろくて弱いこと。また、そのさま。「脆弱な地盤」「脆弱な神経」
[派生]ぜいじゃくさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android