コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

非人格化 ひじんかくかimpersonalization

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

非人格化
ひじんかくか
impersonalization

人間がその個性,理性感性を奪われた形で社会に存在する状態をいう。 K.H.マルクスのいう労働者がその労働力を商品として扱われるということのうちにみられる人間疎外すなわち物化,M.ウェーバー官僚制において特徴的に認めた即対象的関係,あるいはそのような関係を強いられる官僚など,いずれもこの非人格化の現れである。現代の大衆社会論では,人間相互の関係が機械的となるという意味で非人格化が指摘される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

非人格化の関連キーワードキリスト教社会主義社会的分化状況の法則社会的分業タイマンス中国哲学部族社会大衆社会大衆化大衆

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

非人格化の関連情報