コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

非人格化 ひじんかくか impersonalization

1件 の用語解説(非人格化の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

非人格化
ひじんかくか
impersonalization

人間がその個性,理性,感性を奪われた形で社会に存在する状態をいう。 K.H.マルクスのいう労働者がその労働力を商品として扱われるということのうちにみられる人間疎外すなわち物化,M.ウェーバーが官僚制において特徴的に認めた即対象的関係,あるいはそのような関係を強いられる官僚など,いずれもこの非人格化の現れである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

非人格化の関連キーワード理性御株を奪う溺れる失地獣的目を奪われる有人狂言強盗囚われの身デイ・ブレイク 奪われた明日

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

非人格化の関連情報