コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

非居住者円 ひきょじゅうしゃえんnonresident yen

1件 の用語解説(非居住者円の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

非居住者円
ひきょじゅうしゃえん
nonresident yen

非居住者が所持しており,いつでも自由に外貨と交換できる円。 1960年7月の円為替の導入に伴い非居住者自由円として創設され,円の国際化の上で大きな役割を果たしてきたが,80年 12月の外国為替及び外国貿易管理法 (外為法) 改正により非居住者円に名称が変更された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の非居住者円の言及

【自由円】より

…1960年7月,為替自由化の一環として設けられた。この自由円勘定に対し,旧外国為替管理令5条に基づき,勘定残高の一部について外貨への交換が認められる〈5条円〉という非居住者円勘定がある。非居住者が合法的に取得した日本の公社債など(円払証券)の元本償還金・処分代金,日本から永住の目的で出国した者が出国前日本で所有していた現金などがこの勘定に預入れされ,そこからの払出しは原則として各年末残高の30%または72万円のいずれか多いほうの金額を限度としてそれを外国へ送金する場合に認められていた(1977年6月廃止)。…

※「非居住者円」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone