出張所(読み)しゅっちょうしょ

防府市歴史用語集「出張所」の解説

出張所

 防府市には、10ヵ所の出張所があります。野島のように島で行き来が不便なところや、1936年(昭和11年)の防府市誕生の際に防府町と合併したもとの町や、またその後に防府市と合併した地区に置かれています。出張所では、市役所で行われる手続きの一部を行っています。

出典 ほうふWeb歴史館防府市歴史用語集について 情報

デジタル大辞泉「出張所」の解説

しゅっちょう‐じょ〔シユツチヤウ‐〕【出張所】

役所や会社などの出先の事務所。

私法上、営業上の取引活動が行われる場所。営業所と異なり、独立性をもたない。
地方自治法上、市区町村長の権限に属する事務掌する出先機関

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「出張所」の解説

しゅっちょう‐じょ シュッチャウ‥【出張所】

〘名〙 役所や会社などの出先の事務所。一定地域の業務を扱うために設けられた事業所。〔和蘭字彙(1855‐58)〕
※非訟事件手続法(明治三一年)(1898)一一七条「区裁判所又は其出張所を以て管轄登記所とす」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android