コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

非常持(ち)出し袋 ヒジョウモチダシブクロ

デジタル大辞泉の解説

ひじょう‐もちだしぶくろ〔ヒジヤウ‐〕【非常持(ち)出し袋】

地震や台風などの災害時、一時的に避難する際に必要なものを持ち出せるよう、まとめて入れておく袋。非常袋。防災袋。避難袋。
[補説]総務省消防庁では、最低限入れておくものとして、印鑑・現金・救急箱貯金通帳懐中電灯ライター缶切りろうそく・ナイフ・衣類・手袋・ほ乳びん・インスタントラーメン・毛布・ラジオ・食品・ヘルメット防災ずきん・電池・水の20品目を挙げている。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

非常持(ち)出し袋の関連キーワード補説

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android