コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

非晶質合金 ひしょうしつごうきんamorphous alloy

2件 の用語解説(非晶質合金の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

非晶質合金
ひしょうしつごうきん
amorphous alloy

アモルファス合金ともいう。本来結晶質の金属を人工的に非晶質化した材料。微視的には古くベイルビー層以来論議があったが,材料としての研究は 1960年以降で,70年代に実用開発に入った。その非晶質性は不完全で,数十原子程度の短範囲規則領域の無秩序集合体であるが,巨視的には非晶質とされる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の非晶質合金の言及

【磁性材料】より

…この分野で活躍するのは金属ではなく,ソフトフェライトと呼ばれる鉄の酸化物Fe2O3にさらに他の酸化物が加えられた複合酸化物である。また,最近発展してきている非晶質合金にも高透磁率材料として期待されるものがある。
[永久磁石材料]
 硬質磁性材料とも呼ばれる。…

※「非晶質合金」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone