革正(読み)かくせい

精選版 日本国語大辞典「革正」の解説

かく‐せい【革正】

〘名〙 改めただすこと。改正。改革。
※国歌八論(1742)準則「応友人需、注胸臆事、倉卒随筆、未覆閲、将他日革正
※公議所日誌‐一六下・明治二年(1869)五月「但し囹圄中にて罪を不糺、殺する等のは、革正すべし」 〔魏志‐夏侯玄伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android