コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国歌八論 こっかはちろん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国歌八論
こっかはちろん

江戸時代中期の歌論書。1巻。荷田在満 (かだのありまろ) が,主家田安宗武に求められて書いて献上した。寛保2 (1742) 年成立。歌源,翫歌,択詞,避詞,正過,官家古学,準則の8論から成る。「華」を重んじるという文芸的な立場で,『新古今和歌集』の風体を高く評価した。『万葉集』尊重の宗武はこれに対して,同年,駁論『国歌八論余言』を書いた。この文学観の相違なども原因となり,在満は田安家を退き,代って賀茂真淵が仕えた。真淵は『国歌八論憶説』 (44) を著わして宗武の論を支持,さらに在満,宗武らに再論があり,大きな文学論争となった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

こっかはちろん〔コクカハチロン〕【国歌八論】

江戸中期の歌論書。1巻。荷田在満(かだのありまろ)著。寛保2年(1742)成立。和歌の本・歴史などについて述べ、近世歌壇に新風を吹き込んだ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

こっかはちろん【国歌八論】

歌論書。1巻。荷田在満(かだのありまろ)著。1742年(寛保2)に田安宗武の要請により書かれたもので,在満の和歌観が率直にのべられている。内容は,歌源論,翫歌論,択詞論,避詞論,正過論,官家論,古学論,準則論の八つの論から成る。歌の起源,歌風の変遷,作歌における言葉の問題,堂上歌学に対する批評,古典の研究,和歌の基準などが論じられている。在満は歌の起源について,歌は心をなぐさめるために作られたものであり,のちの時代の歌は詞花言葉を翫(もてあそ)ぶものと考え,《新古今集》を美意識と表現技巧のもっとも発達した最高の歌集と評価した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

こっかはちろん【国歌八論】

歌論書。一巻。荷田在満かだのありまろ著。1742年成立。歌源・翫歌・択詞・避詞・正過・官家・古学・準則の八論からなり、古学の立場から、和歌の本質・変遷を論じ、禁制・伝授の考えを批判。心より詞を重んじ、新古今風を唱えた。田安宗武の求めに応じて献進された書。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

国歌八論
こっかはちろん

荷田在満(かだありまろ)の歌学書。1742年(寛保2)成立。この年、田安宗武(たやすむねたけ)から和歌に関する10項目について意見を求められ、そのうち8項目について答えたもの。宗武はすぐに『国歌八論余言』を著し、在満に反論し、一方、在満は当時江戸にきていた賀茂真淵(かもまぶち)にも意見を『国歌論臆説(おくせつ)』という形で提出させたため、三者の論争となった。この事件を『国歌八論』論争と称する。このときの在満の立場は、歌は「天下の政務に益なく、また日用常行にも資(たす)くる所なし」という翫歌(がんか)論のそれであった。歌風は新古今風をよしとした。宗武は文芸を教学とみなし、万葉調の歌を好んだため、根本から在満と対立した。[萱沼紀子]
『重松信弘著『近世国学の文学研究』(1974・風間書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の国歌八論の言及

【田安宗武】より

…8代将軍徳川吉宗の次男であり,田安家を創立。荷田在満(かだのありまろ)を国学の師としたが,在満に執筆させた歌論《国歌八論》を,《国歌八論余言》を書いて批評した。なお,賀茂真淵の意見を求め,真淵は《国歌八論余言拾遺》を提出した。…

※「国歌八論」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

国歌八論の関連キーワード荷田在満(かだありまろ)大菅中養父序づ・叙づ落句髄脳

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android