コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鞭打ち/鞭ち ムチウチ

デジタル大辞泉の解説

むち‐うち【×鞭打ち/×鞭ち】

鞭で打つこと。
江戸時代、拷問(ごうもん)の一。被疑者を後ろ手に縛り、左右の手首を両肩の下まで締め上げ、箒尻(ほうきじり)と呼ばれる拷問杖でたたくもの。
鞭打ち症」の略。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

むちうち【鞭打ち】

鞭で打つこと。
馬の体で、乗り手の鞭があたる部分。
「鞭打ち症」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

鞭打ち/鞭ちの関連キーワードむち打ち苦行者(鞭打ち苦行者)ビアドロローサ浮浪者取締法シニョレリサディズムビュッフェリルバーン江戸時代被疑者後ろ手恵善尼拷問

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android