コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御供/御伴 オトモ

デジタル大辞泉の解説

お‐とも【御供/伴】

[名](スル)
目上の人などに、つき従っていくこと。また、その人。同行することをへりくだっていうのにも用いる。「そこまで私も―します」
料亭などで、帰る客のために呼ぶ車。「―が参りました」

ご‐く【御供】

ごくう(御供)

ご‐くう【御供】

《「ごく」の音変化》神仏への供え物。くもつ。「人身(ひとみ)御供

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ごく【御供】

ごくう【御供】

〔「ごく」の転〕
神仏へ供えるもの。御供物ごくもつ。 「人身ひとみ-」 「神前に-供ゆる様に/浄瑠璃・信州川中島」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

御供/御伴の関連キーワードクリュタイムネストラワットシームアン白羽の矢が立つユヤイヤコ山カシオペイアミノタウロス輪王寺強飯式ペルセウス花営三代記びくしゃく神厨・神廚小十人組鼻を突く其処其処一色藤長御座候ふ死出三途並木五瓶アウリス人身御供

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android