コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

韓国広足 からくにの ひろたり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

韓国広足 からくにの-ひろたり

?-? 奈良時代の呪術(じゅじゅつ)者,官吏。
伊豆(いず)へ遠流(おんる)(699)以前の役小角(えんの-おづぬ)に師事,神亀(じんき)年間には呪禁(じゅごん)師として知られた。天平(てんぴょう)3年外従五位下,4年(732)典薬頭(てんやくのかみ)となった。氏は物部(もののべの)韓国,辛国とも。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

韓国広足

生年:生没年不詳
奈良初期の宮廷の呪術師。物部連の遠い子孫で,その祖が韓国に派遣され,この姓になったといわれる。修験道の開祖とされる役小角に師事して,道教的な呪術を学んだが,文武天皇3(699)年,師の秀でた験力を妬んで,妖術で人々を惑わしていると讒言し,これによって役小角は伊豆島に流刑にされたといわれる。神亀年間(724~729)には,医療を司る典薬寮呪禁師であった。呪禁師とは杖刀をもって呪文を唱えて悪気を払い,病気や災厄を防ぎ除去する道教的な呪術を行う者である。天平4(732)年には,典薬寮の長官である典薬頭になっている。

(川村邦光)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

韓国広足の関連キーワード物部韓国広足奈良時代官吏

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android