コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

役小角 えんのおづぬ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

役小角
えんのおづぬ

奈良時代の山岳呪術者。役行者,役の優婆塞ともいわれる。寛政 11 (1799) 年に修験道開祖と仰がれ,神変大菩薩の勅諡号を受けた。大和国南葛城郡茅原に生れ,32歳のとき葛城山に登り,孔雀明王の像を岩窟に安置して草衣木食し,持呪観法して不思議の験術を得たといわれる。また諸山岳を踏破し,大和の金峯山,大峰山などを開いて修行したが,彼の呪術は世間の人を惑わすものであるとされ伊豆に流された。のち許されて京に帰ったが以後の消息は不明。山岳信仰と密教とが合流するようになって修験者理想像とされ,平安時代以降一般の信仰を受け,その足跡を伝える説話は全国の霊山幽谷の地にできあがった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

役小角

「えんのおづぬ」とも読み、一般的には「役行者」と呼ばれる。続日本紀に登場する。634年に現在の御所市で生まれ、葛城山や生駒山で修行し、前鬼(ぜんき)と後鬼(ごき)を弟子にしたと伝わる。吉野大峯での修行で現れた蔵王権現の像を桜の木に彫った逸話から、吉野山は桜の名所になった。

(2016-01-18 朝日新聞 朝刊 奈良1・1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

百科事典マイペディアの解説

役小角【えんのおづぬ】

役行者

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

役小角 えんの-おづぬ

?-? 飛鳥(あすか)時代の呪術(じゅじゅつ)者。
大和(奈良県)葛城山にすむ。文武天皇3年(699)妖言によって人をまどわすと弟子の韓国広足(からくにの-ひろたり)に中傷され,伊豆に流される。「日本霊異記」の説話にもみえ,真言密教呪法をおさめ,神仙術をおこなう人物となっている。平安中期以降山岳宗教の修験道(しゅげんどう)とむすびつき,やがてその開祖とされた。通称は役行者(えんのぎょうじゃ),役優婆塞(えんのうばそく)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

役小角

生年:生没年不詳
7,8世紀の呪術的宗教家,役行者の名で修験道の開祖とされる。賀茂の一族,のちの高賀茂朝臣の出身で,大和国葛木上郡茅原村(奈良県御所市)の人と伝えられる。大和国葛城山で修行し,呪術にすぐれた神仙として知られ,多くの伝説が生み出された。五色の雲に乗り,大空を飛び,神仙の宮殿で神仙と交わり,心身を養う霊気を吸いたいと願い,岩窟に籠もり,葛を身にまとい,松の葉を食べ,清泉で沐浴し,世俗の汚れを落とし,山林で修行した。孔雀王の呪法を修得し,鬼神を使役して,水を汲ませたり,薪を採らせたりし,鬼神が命に従わないと,験力で自由を束縛した。役優婆塞とも称されるように,仏道修行者とされるが,不老長生の神仙となるために,山林に籠もり,穀物を口にしないで,松の葉や草の根を食料として修行に専心していたので,道教の医術や方術に習熟した行者であった。 文武3(699)年,弟子の韓国連広足に妬まれて,妖術で人々を惑わしていると密告され,伊豆国に流罪にされた。また別に,大和の金峰山と葛城山の間に橋を架け渡せと神々に命じたところ,神々は嘆き,葛城山の一言主大神がある人に乗り移って,役小角が陰謀を企んで,天皇を滅ぼそうとしていると讒言したといわれる。天皇は捕らえようとしたが,役小角の験力のためにかなわず,代わりに母親を人質として捕らえた。母を釈放してもらうために,自ら囚われの身となり,流刑となったが,昼間は伊豆で,夜間は富士山に登って修行を重ね,遂に天を飛ぶことができるようになり,罪を許されると,神仙となって天空に飛び去ったといわれる。修験道の本尊,蔵王権現は,金峰山上で役小角が衆生を救済するのにふさわしい仏を出現させようとして祈願して,湧出させたものという。修験道の開祖として,寛政11(1799)年には,朝廷から神変大菩薩の諡号が贈られた。<参考文献>『続日本紀』,景戒『日本霊異記』

(川村邦光)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

大辞林 第三版の解説

えんのおづの【役小角】

七、八世紀に大和の葛城山にこもって修行した呪術者。妖言を吐いたとの理由で伊豆に流されたと伝えられる。修験道の開祖と仰がれる。役行者えんのぎようじや。役優婆塞えんのうばそく。神変大菩薩。山上様。えんのしょうかく。えんのおづぬ。

えんのしょうかく【役小角】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

役小角
えんのおづぬ

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の役小角の言及

【優婆塞・優婆夷】より

…山岳・山林にいた修験者的な呪術者は〈優婆塞〉とも〈禅師〉ともいわれた。このような宗教者の典型は役小角(えんのおづぬ)(役行者)であり,彼は役優婆塞とよばれている。《日本霊異記》には沙弥・禅師とともに優婆塞に関する説話が多く出ている。…

【役行者】より

…生没年不詳。役小角(えんのおづぬ),役君(えのきみ)などとも呼ばれ,後に修験道の開祖として尊崇される。《続日本紀》によると,699年(文武3)朝廷は役君小角を伊豆国に流した。…

【泉南[市]】より

…大阪市から40km圏に位置しているため,近年は住宅地化が進んでいる。市内には熊野参詣の王子社の一つである茅渟(ちぬ)神社や役小角(えんのおづぬ)が開いたと伝える金熊(きんゆう)寺などがある。【秋山 道雄】。…

【僧】より

…だが,国家や貴族が仏教を独占し,民間への布教をとめることは結局のところ不可能だった。農民を妖惑したという理由で,政府が699年(文武3)役小角(えんのおづぬ)(役行者)を伊豆に流し,717年(養老1)行基らを弾圧した事件は,仏教が民間に流布し,政府がこれを極度に警戒したことをよく示している。しかし,現実には,8世紀以降公民層の分解が進行するなかで,正規の手続をしないで出家した私度僧(しどそう)が輩出し,彼らは民間で法を説き,諸国を遊行(ゆぎよう)し,あるいは在地で妻子を養って俗人と変わらない生活を営んだ。…

※「役小角」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

役小角の関連キーワード京都府相楽郡和束町五色温泉(山形県)太平山(秋田県)五色[温泉]等々力渓谷犬鳴山温泉田沢温泉生駒山地岩間観音金峰山寺行者そば奈良時代金峯山寺五色温泉石鎚神社孝子峠役藍泉彦山派室生寺鷲峰山

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android