音商標(読み)おとしょうひょう

知恵蔵miniの解説

音商標

広告で使用される音楽、音声、自然音などの聴覚で認識される商標。2015年4月1日の改正商標法の施行に伴い、色彩のみからなる商標や動き(文字や図形の変化など)を対象とした商標と共に商標登録の出願が可能となった。同日付で大幸薬品が同社の胃腸薬正露丸」のCMで用いているラッパのメロディを商標登録出願し、注目を集めた。

(2015-4-03)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

音商標の関連情報