商標登録(読み)しょうひょうとうろく

精選版 日本国語大辞典「商標登録」の解説

しょうひょう‐とうろく シャウヘウ‥【商標登録】

〘名〙 商標を専用しようとする者が、規定に従って商標原簿に、その商標を登録すること。商標権はこの登録によって発生する。
※太政官達第二五号‐明治一八年(1885)六月五日(法令全書)「醤油税、菓子税及び商標登録手数料の新たに収入するもの」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

知恵蔵「商標登録」の解説

商標登録

商標制度」のページをご覧ください。

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android