コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

商標登録 しょうひょうとうろく

3件 の用語解説(商標登録の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

しょうひょうとうろく【商標登録】

1959年(昭和34)制定の商標法に基づく商標を特許庁に登録出願すること。認められた商標は登録商標という。商標登録により商標使用者は10年間商標権を持つことができ、他者のその商標の使用を排除できる。 → 登録商標

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

商標登録

会社名や商品名、サービス名、ロゴなどを他人のものと識別するための標識として特許庁に登録すること。事業者の営業活動によって蓄積された信用を保護することが目的。登録された商標は10年間、独占的に使うことができる。だが、たとえば国旗と似ているものや公序良俗を害する恐れがあるもの、他人の登録商標と似ているものなどは登録を受けることができない。最近は、一般に広く使われている名称が商標登録される例がしばしば見られ、問題となっている。

(2008-02-19 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しょうひょう‐とうろく〔シヤウヘウ‐〕【商標登録】

特許庁商標を登録すること。商標所有者の申請を受けて、特許庁が審査し、商標原簿商標権の設定を登録する。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

商標登録の関連キーワードチベット問題ルナ恐怖映画フィルムは生きている安保闘争VIVO薄桜記人間の壁フランキー堺ライト

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

商標登録の関連情報