コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

商標登録 しょうひょうとうろく

大辞林 第三版の解説

しょうひょうとうろく【商標登録】

1959年(昭和34)制定の商標法に基づく商標を特許庁に登録出願すること。認められた商標は登録商標という。商標登録により商標使用者は10年間商標権を持つことができ、他者のその商標の使用を排除できる。 → 登録商標

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

商標登録

会社名や商品名、サービス名、ロゴなどを他人のものと識別するための標識として特許庁に登録すること。事業者の営業活動によって蓄積された信用を保護することが目的。登録された商標は10年間、独占的に使うことができる。だが、たとえば国旗と似ているものや公序良俗を害する恐れがあるもの、他人の登録商標と似ているものなどは登録を受けることができない。最近は、一般に広く使われている名称が商標登録される例がしばしば見られ、問題となっている。

(2008-02-19 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

商標登録の関連キーワード四万十川の青のり,四万十川の青さのりnumber display大分麦焼酎,大分むぎ焼酎かごしま知覧茶,知覧茶StarOffice超低解像度モザイク画但馬牛,但馬ビーフ京つけもの,京漬物桃太郎JEANSスルガエレガントランチパスポート経済的付加価値HUG(ハグ)へしこちゃん江戸東京野菜鳴門らっきょジェネリックRHODIAハイサワー京せんべい

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

商標登録の関連情報