コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

音波断層観測法 おんぱだんそうかんそくほうacoustic tomography

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

音波断層観測法
おんぱだんそうかんそくほう
acoustic tomography

音波を利用する海洋観測方法の一つ。海洋中に数点の発信器と受信器を置き,さまざまな経路を経て伝わる音の到着時間の差から,海洋内部の音速分布,水温,流れの構造を推定する。X線撮影法コンピュータ断層撮影の原理を海洋に応用したもので,1979年アメリカ合衆国のウォルター・H.ムンクらによって提唱され,1981年にバミューダ諸島沖で 4台の送信器,5台の受信器を使用して初めて実験された。海洋内部の構造の変化を知る手段として注目され,日本では海洋研究開発機構が中心となって海洋音響トモグラフィーシステムを考案,実験が行なわれた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

音波断層観測法の関連キーワードムンク(Walter Heinrich Munk)海水

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android