コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

音響音声学 おんきょうおんせいがく acoustic phonetics

翻訳|acoustic phonetics

2件 の用語解説(音響音声学の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

音響音声学
おんきょうおんせいがく
acoustic phonetics

言語音の物理的・音響的研究をする分野。言語音の伝達は,調音,それから出る音声波,そしてそれの知覚の3つに大きく分けられ,それぞれを研究する分野を調音音声学音響音声学聴覚音声学という。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

おんきょうおんせいがく【音響音声学】

機器を用いて音声を音響学的に分析する科学。オシログラフやスペクトログラフを主として用い、高さ・強さ・長さ・フォルマントなどを分析する。音声物理学。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の音響音声学の言及

【音声学】より

…この三つの局面に対応した音声学が成立する。つまり(1)話者がいかにして言語音声を発するかを生理的に分析する調音音声学articulatory phonetics,(2)言語音声を音波として物理的に分析する音響音声学acoustic phonetics,さらに(3)聞き手が音声音波をどのように聞き取るか心理的に分析する聴覚音声学auditory phoneticsの3分野に分かれる。(1)の調音音声学は調音活動の観察や実験を通し19世紀末からH.スウィート,ジーフェルスE.Sievers,O.イェスペルセンなどにより綿密に研究され科学として確立されるにいたった。…

※「音響音声学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

音響音声学の関連キーワード医用電子機器修補設備ジニーVIERAリンクエニュメレーション大井電気タイテックアストロデザイン応用電機

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone