コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

頂天眼 チョウテンガン

デジタル大辞泉プラスの解説

頂天眼

金魚の品種のひとつ。中国産。作出の時期などは不詳だが、清朝時代には存在した。日本では「頂点眼」とも表記する。赤出目金突然変異を固定化したもの。文字どおり目が完全に天(上)を向いており、背びれはない。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

ちょうてんがん【頂天眼】

金魚の一品種。両眼が突き出すが、出目金と異なり眼が上を向き、背びれを欠く。全身赤色。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

頂天眼の関連キーワードキンギョ両眼金魚

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android