コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

出目金 デメキン

デジタル大辞泉の解説

でめ‐きん【出目金】

金魚の一品種。目が著しく大きく、側方に突き出る。体形はリュウキン形。出目 夏》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

出目金

金魚の品種のひとつ。明治時代に中国から輸入されたと考えられている。琉金の特別変異を固定化したもので、大きく飛びだした目が特徴。頭の後ろが高く盛り上がり、尾は長い。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

でめきん【出目金】

金魚の品種の一。目が大きく飛び出している。体形はリュウキンと同じ。体色は黒・赤・三色など。でめ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

出目金 (デメキン)

動物。コイ科のキンギョの一品種

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

出目金の関連キーワードでめきんのめめたんキャリコオランダキャリコ琉金きんときくんきんちゃんでめおくん三色出目金赤出目金めめたんキャリコ黒出目金朱文金頂天眼動物輝竜東錦体色竜眼金魚

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

出目金の関連情報