出目金(読み)デメキン

デジタル大辞泉プラスの解説

出目金

金魚の品種のひとつ明治時代に中国から輸入されたと考えられている。琉金の特別変異を固定化したもので、大きく飛びだした目が特徴。頭の後ろが高く盛り上がり、尾は長い。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

でめきん【出目金】

金魚の品種の一。目が大きく飛び出している。体形はリュウキンと同じ。体色は黒・赤・三色など。でめ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

でめ‐きん【出目金】

〘名〙 金魚の一品種。両眼が大きく左右に突き出ている種類。体形はリュウキン形で、体色の赤いアカデメ、黒いクロデメ、および白地に青・赤・黒の斑紋を持つサンシキデメの三品種に大別される。特に目が上を向いているものをチョウテンガン(頂天眼)という。《・夏》
※天国の記録(1930)〈下村千秋〉五「見える方の目は出目金のやうに出張ってゐる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アースデイ

地球のことを考えて行動する日。1970年、アメリカのG・ネルソン上院議員によって提唱された。毎年4月22日がその日とされており、世界中で環境イベントが開催されている。 アースデイが誕生したきっかけは、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

出目金の関連情報