領会(読み)リョウカイ

精選版 日本国語大辞典の解説

りょう‐かい リャウクヮイ【領会】

〘名〙
※明極楚俊遺稿(14C中か)示意菴適都寺「如来禅祖師意、一一当機須領会
※湯武論(1718)「舜禹湯武勢の迫るやまれぬ所には常理の変へうつると云味を領会すべし」
② 衣の領(えり)が合ったり離れたりすること。転じて、ものごとのなりゆき。運命。さだめ。〔向秀‐思旧賦〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android