コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

領家変成岩 りょうけへんせいがん

2件 の用語解説(領家変成岩の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

りょうけへんせいがん【領家変成岩】

領家変成帯をつくる変成岩。主として片麻岩類からなる。中生界の泥質岩・砂岩・チャートなどが高温・低圧型の広域変成作用を受けてできたもので、変成の時期は中生代白亜紀とされている。 〔天竜川支流の水窪みさくぼ川の中流にある地名(奥領家)にちなむ〕

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

領家変成岩【りょうけへんせいがん】

長野県諏訪湖南から九州国東(くにさき)半島(多分さらに八代付近)まで,中央構造線の内側に断続分布する片麻岩,雲母片岩類。古生〜中生層を原岩とすることは明らかだが,変成の時期は放射年代から白亜紀から古第三紀とされる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

領家変成岩の関連キーワード上諏訪温泉国東諏訪湖国東市下諏訪諏訪茅野くにさき諏訪湖マラソン別府・国東 殺意の旅

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone