コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

領家変成岩 りょうけへんせいがん

大辞林 第三版の解説

りょうけへんせいがん【領家変成岩】

領家変成帯をつくる変成岩。主として片麻岩類からなる。中生界の泥質岩・砂岩・チャートなどが高温・低圧型の広域変成作用を受けてできたもので、変成の時期は中生代白亜紀とされている。 〔天竜川支流の水窪みさくぼ川の中流にある地名(奥領家)にちなむ〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

百科事典マイペディアの解説

領家変成岩【りょうけへんせいがん】

長野県諏訪湖南から九州国東(くにさき)半島(多分さらに八代付近)まで,中央構造線の内側に断続分布する片麻岩,雲母片岩類。古生〜中生層を原岩とすることは明らかだが,変成の時期は放射年代から白亜紀から古第三紀とされる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone