コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

頡利可汗 けつりかがんJie-li Ke-han; Chieh-li K`o-han

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

頡利可汗
けつりかがん
Jie-li Ke-han; Chieh-li K`o-han

[生]?
[没]634
突厥カガン (在位 620~630) 。「国を保有した可汗」の意。治世の初期には突厥は強盛で,建国後まもないを圧迫したが,ソグド人を重く用いた恨みと相次ぐ天災のため,支配下の諸部族が反乱を起した。頡利は,北モンゴル高原に独立した薛延陀 (せつえんだ) 部と唐軍との挟撃を受けて,唐軍の捕虜となり,東突厥の国家は一時瓦解 (630) 。これ以前の突厥の国家を,普通,突厥第一帝国と呼ぶ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

頡利可汗の関連キーワードアブーバクル東京スカイツリーアブー・バクル正統カリフアブー・バクルアブーバクル東京スカイツリー東京ソラマチ川上ダム神戸ポートタワー

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone