コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

薛延陀 せつえんだXue-yan-tuo; Hsüeh-yen-t`o

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

薛延陀
せつえんだ
Xue-yan-tuo; Hsüeh-yen-t`o

チュルク (→鉄勒 ) 諸部族の一つ。6世紀末にはアルタイ山脈の南西にいて西突厥 (→突厥 ) に支配されていたが,605年に他のチュルク諸部族とともに反乱を起して独立。しかし約 10年後,再び東西両突厥に分属した。 627年モンゴル高原北部の鉄勒諸部族が東突厥に対して反乱を起すと,セレンガ川方面へ移動してこれに合流し,その部長夷男 (いなん) は可汗に推戴され,唐軍と協力して東突厥国家を崩壊させ (630) ,モンゴル高原を支配した。しかし,夷男の死後,唐の分裂政策のため支配下の諸族が離反し,唐軍の征討を受けて滅びた (646) 。突厥碑文にみえるシルとタルドゥシュとの混合部族で,薛延陀はシル=タルドゥシュの音写であるという説は誤りである。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

薛延陀
せつえんだ

中国北辺に居住していた鉄勒(てつろく)(トルコ)の一部族。隋(ずい)代にアルタイ山脈の南西に拠(よ)り西突厥(にしとっけつ)に属していたが、605年、他の鉄勒諸部族とともに反乱を起こして独立した。約10年後、ふたたび強盛になった西突厥に服属したが、627年、部長の夷男(いだん)は部衆を率いてセレンガ川方面に移って、ウイグルと結んで東突厥の北辺に侵入した。630年、唐軍と協力して東突厥を瓦解(がかい)させ、モンゴル高原を支配した。しかし夷男の死後、分裂して国勢が衰え、646年、唐軍の討伐を受けて滅亡した。その際、支配下の鉄勒諸部族は唐の間接(羈縻(きび))支配を受けた。[護 雅夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の薛延陀の言及

【鉄勒】より

…彼らの中から突厥(とつくつ)を建国した阿史那氏も出た。突厥時代の鉄勒諸部の中では薛延陀(せつえんだ)が有力で,630年には唐と共に突厥を滅ぼしたが,やがて唐の羈縻(きび)支配をうけた。また中国史料では,主要な9部族をさし,〈九姓鉄勒〉と呼んだ。…

※「薛延陀」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

薛延陀の関連キーワードウチュケン山単于都護府頡利可汗吐迷度高車李勣僕骨

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android