コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

薛延陀 せつえんだ Xue-yan-tuo; Hsüeh-yen-t`o

2件 の用語解説(薛延陀の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

薛延陀
せつえんだ
Xue-yan-tuo; Hsüeh-yen-t`o

チュルク (→鉄勒 ) 諸部族の一つ。6世紀末にはアルタイ山脈の南西にいて西突厥 (→突厥 ) に支配されていたが,605年に他のチュルク諸部族とともに反乱を起して独立。しかし約 10年後,再び東西両突厥に分属した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

薛延陀
せつえんだ

中国北辺に居住していた鉄勒(てつろく)(トルコ)の一部族。隋(ずい)代にアルタイ山脈の南西に拠(よ)り西突厥(にしとっけつ)に属していたが、605年、他の鉄勒諸部族とともに反乱を起こして独立した。約10年後、ふたたび強盛になった西突厥に服属したが、627年、部長の夷男(いだん)は部衆を率いてセレンガ川方面に移って、ウイグルと結んで東突厥の北辺に侵入した。630年、唐軍と協力して東突厥を瓦解(がかい)させ、モンゴル高原を支配した。しかし夷男の死後、分裂して国勢が衰え、646年、唐軍の討伐を受けて滅亡した。その際、支配下の鉄勒諸部族は唐の間接(羈縻(きび))支配を受けた。[護 雅夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の薛延陀の言及

【鉄勒】より

…彼らの中から突厥(とつくつ)を建国した阿史那氏も出た。突厥時代の鉄勒諸部の中では薛延陀(せつえんだ)が有力で,630年には唐と共に突厥を滅ぼしたが,やがて唐の羈縻(きび)支配をうけた。また中国史料では,主要な9部族をさし,〈九姓鉄勒〉と呼んだ。…

※「薛延陀」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

薛延陀の関連キーワードアタチュルクチュバシ語チュルゴーチュルク語ベルクシュルントアタチュルク森林農園アタチュルクの森アタチュルク廟チュルクナチュルゴ

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone