コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

挟撃/夾撃 キョウゲキ

デジタル大辞泉の解説

きょう‐げき〔ケフ‐〕【挟撃/×夾撃】

[名](スル)両方からはさみ撃ちにすること。「前後から敵を―する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

挟撃/夾撃の関連キーワードレオニダス(スパルタ王)オーストリア=トルコ戦争シュリーフェン・プラン反グローバリズムファジェーエフナヤン(乃顔)河越城の戦い筑後川の戦い金ヶ崎城跡人民共和派ザンギー朝嚈噠・挹怛レオニダス革新倶楽部挟み撃つカスター遣渤海使片岡七郎内線作戦池田恒興

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android