コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

頭組 かしらぐみ

1件 の用語解説(頭組の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

かしらぐみ【頭組】

能や長唄の用語で,打楽器の手組(てくみ)の一種。一定の打音と掛声とが一定の順序に配列されたものを手組といい,打楽器の楽句を構成する最小単位であるが,その性格(用途)によって,地ノ類,頭組ノ類,手ノ類などに分けられる。そのうち基礎であり,リズムの母体となる手組を〈地ノ類〉と呼ぶが,頭組は,この地の連続を途中で打ち切って段落をつけることを目的とする手組である。普通,太鼓ではかしら)と呼ぶ一つの頭組しか用いないが,大鼓はコス頭,タタム頭,五ッ頭など,小鼓はオドル頭,タタム頭,二ッ頭など数種の頭組を用いる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

頭組の関連キーワード片撥体鳴楽器打楽器本曲木管楽器管弦舞楽拍子盤乞合手組鳴物

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

頭組の関連情報