コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

頭組 かしらぐみ

世界大百科事典 第2版の解説

かしらぐみ【頭組】

能や長唄の用語で,打楽器手組(てくみ)の一種。一定の打音と掛声とが一定の順序に配列されたものを手組といい,打楽器の楽句を構成する最小単位であるが,その性格(用途)によって,地ノ類,頭組ノ類,手ノ類などに分けられる。そのうち基礎であり,リズムの母体となる手組を〈地ノ類〉と呼ぶが,頭組は,この地の連続を途中で打ち切って段落をつけることを目的とする手組である。普通,太鼓では(かしら)と呼ぶ一つの頭組しか用いないが,大鼓はコス頭,タタム頭,五ッ頭など,小鼓はオドル頭,タタム頭,二ッ頭など数種の頭組を用いる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

頭組の関連キーワード下ろし・卸しオロシ

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

頭組の関連情報