頭組(読み)かしらぐみ

世界大百科事典 第2版の解説

かしらぐみ【頭組】

能や長唄の用語で,打楽器の手組(てくみ)の一種。一定の打音と掛声とが一定の順序に配列されたものを手組といい,打楽器の楽句を構成する最小単位であるが,その性格(用途)によって,地ノ類,頭組ノ類,手ノ類などに分けられる。そのうち基礎であり,リズムの母体となる手組を〈地ノ類〉と呼ぶが,頭組は,この地の連続を途中で打ち切って段落をつけることを目的とする手組である。普通,太鼓では(かしら)と呼ぶ一つの頭組しか用いないが,大鼓はコス頭,タタム頭,五ッ頭など,小鼓はオドル頭,タタム頭,二ッ頭など数種の頭組を用いる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android