コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

頻る シキル

デジタル大辞泉の解説

しき・る【頻る】

[動ラ五(四)]《動詞「し(頻)く」と同語源》
続いて起こる。
「八日ばかりの物忌―・りつつなむ」〈かげろふ・中〉
産気づく。
「中宮はひまなく―・らせ給ふばかりにて」〈平家・三〉
動詞の連用形に付いて、しきりに…する、盛んに…する、の意を表す。「降り―・る」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しきる【頻る】

( 動五[四] )
〔「頻く」と同源〕
何度も繰り返し起こる。また、さかんに引き続いて起こる。 「酒の香、物煮る匂-・りて/金色夜叉 紅葉」 「東宮の御使ひ-・りてある程/枕草子 104
動詞の連用形に付いて、さかんに…する意を表す。 「降り-・る雨」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

頻るの関連キーワード金色夜叉泣き頻る頻り

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android