コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

頼る/便る タヨル

デジタル大辞泉の解説

たよ・る【頼る/便る】

[動ラ五(四)]《「手(た)寄る」の意》
たのみとする。つてを求めて近づく。「友人を―・って上京する」
助けとして用いる。依存する。「つえに―・って歩く」「自然の恵みに―・る」
[可能]たよれる

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

たよる【頼る】

( 動五[四] )
力を貸してくれるものとして依存する。頼みにする。 「ひとに-・ってばかりいないで自分でやりなさい」
依存する。 「勘に-・る」 「石油は外国からの輸入に-・る」
助けになるものとしてそこへ行く。 「知人を-・って上京する」
言い寄る。 「人の嫁など-・るを/浮世草子・二十不幸 4
[可能] たよれる

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

頼る/便るの関連キーワードマレーシアとフィリピン旅は憂いもの辛いもの捨て小舟・捨小舟寄らば大樹の陰ファミリー企業潔しとしない腕一本脛一本一から十までフェイシング独りぼっち甘ったれる煢然・惸然加茂一揆縋り付く三条公頼浮世草子術の方便方便無し標準時計徒手空拳

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android