コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

頼和 らいわLai Huo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

頼和
らいわ
Lai Huo

[生]光緒20(1894).4.25.
[没]1943.1.30.
台湾の作家。彰化の人。本名,頼河。字,懶雲。筆名,甫三,灰,走街先など。台湾総督府医学校卒業。郷里で医者を開業するかたわら,文化運動,社会運動に指導的役割を果たした。台湾での白話文 (中国語の口語文体) による新文学運動の最初期を代表する作家。雑誌『台湾民報』の学芸欄の編集により多くの作家を育て,また左派の運動に援助を惜しまなかったなどのことから,台湾の魯迅といわれる。日本の太平洋戦争開戦の日の 1941年12月8日逮捕され,獄中で得た病がもとで死亡した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

頼和の関連キーワード山家清兵衛山家公頼楊守愚陳虚谷彰化筆名郷里

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

頼和の関連情報