コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

頼宝 らいほう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

頼宝 らいほう

1279-1330 鎌倉時代の僧。
弘安(こうあん)2年生まれ。真言宗東寺宝荘厳院をひらく。正和(しょうわ)4年(1315)同寺の学頭となり,東寺教学を大成する。弟子の杲宝(ごうほう),孫弟子賢宝(けんぽう)とともに東寺三宝とよばれた。後醍醐(ごだいご)天皇の帰依(きえ)をうけ,天皇に進講したという。元徳2年7月9日死去。52歳。通称は介(すけの)法印。著作に「真言本母集」「大日経疏抄(だいにちきょうしょしょう)」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

頼宝の関連キーワード鎌倉時代宝物集

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android