コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熱原法難 あつはらほうなん

3件 の用語解説(熱原法難の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

熱原法難【あつはらほうなん】

1279年に駿河国富士郡熱原(現,静岡県富士市厚原)の日蓮の門弟に加えられた弾圧事件。当時,日蓮の弟子日興(にっこう)は駿河国へ法華経を広め,熱原の天台宗滝泉(りゅうせん)寺(現同上)の住僧日秀(にっしゅう)・日弁(にちべん)らも日興の弟子となっていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

あつはらほうなん【熱原法難】

1279年(弘安2)駿河国富士郡熱原の日蓮の門弟に加えられた弾圧。これより先,日蓮の弟子日興は駿河に教えを広め,熱原滝泉寺僧のなかに日秀・日弁ら弟子を創出,日秀らも熱原の農民を信奉者にしていった。在地有力者で念仏者でもあった滝泉寺院主代平行智はこれに反発,日秀らを抑圧するいっぽう,北条氏得宗の政所代と連絡して農民を挑発,傷害事件をおこさせ,1279年には日秀らが刈田狼藉をしたと訴えた。このため,農民20名が鎌倉に連行され,3名が斬首,他は禁獄,日秀らは下総に避難した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

熱原法難
あつはらほうなん

1279年(弘安2)9月、駿河(するが)国富士郡熱原(静岡県富士市厚原)の日蓮(にちれん)の門弟や信者に加えられた弾圧。日蓮の弟子日興(にっこう)は富士郡一帯に伝道活動を展開し、天台宗の僧侶(そうりょ)や農民から多くの弟子や信者を獲得したので、各地で他宗の僧との深刻な抗争が引き起こされた。とくに熱原の真言宗瀧泉寺では院主代の行智(ぎょうち)と日弁、日秀らが対立し、農民をも巻き込んだ争いとなった。行智は、院主代の田地を刈田狼藉(かりたろうぜき)したとの理由で百姓の熱原神四郎ら20名を鎌倉に送り、さらに日蓮の信者であることを訴えた。このため侍所所司平頼綱(よりつな)の処断によって、神四郎ら3名は題目を唱えながら斬首(ざんしゅ)され、ほかの者は禁獄されるなど、過酷な刑が執行された。[中尾 尭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

熱原法難の関連キーワード大宮国富日興富士一富士二鷹三茄子弘安末代府中藩〈駿河国〉熱原神四郎日弁

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone