コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

頼朝の死 よりとものし

世界大百科事典 第2版の解説

よりとものし【頼朝の死】

戯曲。1幕2場。真山青果作。1932年4月東京歌舞伎座で初演。頼家を2世市川左団次,尼御台政子を5世中村歌右衛門,重保を6世市川寿美蔵(のちの3世寿海),小周防を2世市川松蔦という配役。第1場〈鎌倉法華堂の門前〉,第2場〈鎌倉石壺の御所〉。鎌倉幕府の創始者,源頼朝の急死にまつわる巷説に取材したもの。肉親の情から秘密に閉ざされた父の死の真相をあくまで糾明しようとして傷ついていく,若き将軍頼家の姿と,源家と幕府を守るために,真実を押しかくす政子,さらに頼朝を斬って苦悶する畠山重保

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

頼朝の死の関連キーワード検察官(司法)ペルチナクス山田哲人コンモドゥスペルティナクスセウェルスディディウス・ユリアヌス監査セプティミウス・セウェルス秋山 登

頼朝の死の関連情報