コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

畠山重保 はたけやましげやす

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

畠山重保
はたけやましげやす

[生]?
[没]元久2(1205).6.22. 鎌倉
鎌倉時代初期の武将。畠山重忠の子。六郎と称した。讒言のため討たれた。美男の英雄として名高く,源頼朝を誤って刺殺し,頼家に憎まれて竜宮へおもむいたという伝説が生じ,真山青果の『頼朝の死』などに登場する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

畠山重保 はたけやま-しげやす

?-1205 鎌倉時代の武将。
畠山重忠の長男。母は北条時政の娘(政子の妹)。元久元年時政の後妻牧の方の娘婿で京都守護の平賀朝雅(ともまさ)と酒宴の席で口論。これを口実に時政ら北条軍に攻められ,翌2年6月22日鎌倉由比ケ浜で殺された。通称は六郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

畠山重保

没年:元久2.6.22(1205.7.10)
生年:生年不詳
鎌倉前期の武将。関東平氏秩父氏の一流で,武蔵国留守所総検校畠山重忠の嫡男。母は北条時政の娘。通称六郎。武蔵国最有力御家人の嫡流に生まれ,執権時政の外孫として威を振るう。時政の後妻牧の方の娘婿平賀朝雅との口論事件がきっかけで,同族稲毛重成(時政の娘婿)ら敵対勢力に狙われ,元久2(1205)年,鎌倉由比が浜で三浦一族らに謀殺される。同時に武蔵国内で父も稲毛重成に討たれ,畠山一族は滅亡した。<参考文献>永井晋「鎌倉初期の武蔵国衙と秩父氏族」(『埼玉県立歴史資料館研究紀要』7)

(海津一朗)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典内の畠山重保の言及

【牧氏の変】より

…牧の方は,長年平頼盛に仕えて駿河国大岡牧を預けられた大岡(牧)宗親の娘で,時政との結婚は1182年(寿永1)以前にさかのぼる。1204年(元久1)11月,京都守護として在洛中の朝雅が酒宴の間に畠山重保(重忠男)と争い,重保を牧の方に讒訴,翌年6月時政夫妻は義時,時房らの制止にもかかわらず,重忠・重保父子を滅亡させた。ついで閏7月牧氏の変に及んだが,今度は政子・義時が事前に実朝を保護したために失敗。…

※「畠山重保」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

畠山重保の関連キーワード鎌倉三代記鎌倉時代牧氏の変牧方

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android