コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

頼采真 らい さいしん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

頼采真 らい-さいしん

1791-1850 江戸時代後期の武士。
寛政3年2月4日生まれ。頼杏坪(きょうへい)の長男。安芸(あき)広島藩士。銀奉行,蔵奉行,大坂屋敷番目付をへて,普請(ふしん)奉行となる。父をたすけ「芸藩通志」の編修にかかわった。嘉永(かえい)3年5月8日死去。60歳。名は舜燾(みちな)。字(あざな)は子晦。通称は佐一郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

頼采真の関連キーワード総合年表(アメリカ)逃亡奴隷法フイヤン派立法議会難波抱節テーラーゴールド・ラッシュ縮合真珠岩フーイヤン・クラブ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android