コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

頼采真 らい さいしん

1件 の用語解説(頼采真の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

頼采真 らい-さいしん

1791-1850 江戸時代後期の武士。
寛政3年2月4日生まれ。頼杏坪(きょうへい)の長男。安芸(あき)広島藩士。銀奉行,蔵奉行,大坂屋敷番目付をへて,普請(ふしん)奉行となる。父をたすけ「芸藩通志」の編修にかかわった。嘉永(かえい)3年5月8日死去。60歳。名は舜燾(みちな)。字(あざな)は子晦。通称は佐一郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

頼采真の関連キーワード新井静斎片山辰世久世敦行是一(6代)高田亘藤堂長観所具典正木宗三郎柳糸園綾風竜眠

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone