コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

顆粒剤 かりゅうざい granule

翻訳|granule

3件 の用語解説(顆粒剤の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

顆粒剤
かりゅうざい
granule

医薬品または医薬品の混合物を粒状としたもので,その粒子の大きさについては規定されている。通常,医薬品をそのまま,または必要に応じて賦形剤,結合剤,あるいは崩壊剤などを加えて均等に混和し,適当な湿潤剤を加えて粒状とし,乾燥したもので,必要に応じて白糖その他の適当な物質で剤皮を施すことがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かりゅう‐ざい〔クワリフ‐〕【×顆粒剤】

薬剤を小さなつぶ状にしたもの。散剤(粉薬)よりもつぶの大きいものをいう。顆粒薬。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

顆粒剤
かりゅうざい

散剤を服用しやすくするために粒状にして粒径を大きくしたもので、なるべく粒子をそろえることが日本薬局方で規定されている。散剤のように飛散せず、粒子が整っているので一定量を正確に量ることができるほか、適当なコーティング剤で剤皮を施すことができるので、崩壊性をコントロールすることにより腸溶性や持効性の製剤が可能で、また味の悪さやにおいをマスクすることもできる。1回分ずつ服用量を包装した便利なものが市販されている。[幸保文治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

顆粒剤の関連キーワード医薬品医薬主薬製薬先発医薬品薬品第一類医薬品第三類医薬品第二類医薬品医薬品の治験

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

顆粒剤の関連情報