コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

顆粒剤 かりゅうざいgranule

翻訳|granule

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

顆粒剤
かりゅうざい
granule

医薬品または医薬品の混合物粒状としたもので,その粒子の大きさについては規定されている。通常,医薬品をそのまま,または必要に応じて賦形剤,結合剤,あるいは崩壊剤などを加えて均等に混和し,適当な湿潤剤を加えて粒状とし,乾燥したもので,必要に応じて白糖その他の適当な物質で剤皮を施すことがある。保存は密閉容器を用いる。丸剤とは異なる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かりゅう‐ざい〔クワリフ‐〕【×顆粒剤】

薬剤を小さなつぶ状にしたもの。散剤粉薬)よりもつぶの大きいものをいう。顆粒薬

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

顆粒剤
かりゅうざい

散剤を服用しやすくするために粒状にして粒径を大きくしたもので、なるべく粒子をそろえることが日本薬局方で規定されている。散剤のように飛散せず、粒子が整っているので一定量を正確に量ることができるほか、適当なコーティング剤で剤皮を施すことができるので、崩壊性をコントロールすることにより腸溶性や持効性の製剤が可能で、また味の悪さやにおいをマスクすることもできる。1回分ずつ服用量を包装した便利なものが市販されている。[幸保文治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

顆粒剤の関連キーワードヒドロキシプロピルメチルセルロースドライシロップ医薬品工業内服薬細粒剤薬剤薬物

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

顆粒剤の関連情報