コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

額烏帽子 ヒタイエボシ

デジタル大辞泉の解説

ひたい‐えぼし〔ひたひ‐〕【額×帽子】

烏帽子の代用として、三角形の黒い絹や紙の底辺にひもをつけて額に当て後頭部で結んだもの。主に子供がつけた。
葬式のときに、近親者または死者が額に当てる三角形の白紙。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひたいえぼし【額烏帽子】

子供が額につけた小さな三角形の黒い絹または紙。主に男の子に用い、烏帽子の略体といわれる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

額烏帽子の関連キーワード紙烏帽子略体

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android