コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斎場 サイジョウ

6件 の用語解説(斎場の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

さい‐じょう〔‐ヂヤウ〕【斎場】

神仏を祭るために、特別に設けられた清浄な場所。いつきのにわ。斎場所。祭場。
葬儀を行う場所・会場。火葬場を兼ねていること多い。
大嘗祭(だいじょうさい)のとき、供物を調えるために設ける建物。斎場所。

さ‐にわ〔‐には〕【場/沙庭】

神を招いて、お告げを聞く清浄な場所。
「建内宿禰(たけのうちのすくね)―に居て、神の命(みこと)を請ひき」〈・中〉
神のお告げを承る人。霊媒者。さにわびと。
「中臣(なかとみ)の烏賊津(いかつ)の使主(おみ)を喚(め)して、―とす」〈神功紀〉
神楽(かぐら)の和琴奏者。
[補説]「さ」は神稲の意とも、「さや(清)」の略ともいう。

ゆ‐にわ〔‐には〕【場/斎庭】

神を祭るために斎(い)み清めた場所。さいじょう。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

葬儀辞典の解説

斎場

葬儀・告別式を行う専用の式場。現在では自宅葬より斎場を利用することが多くなってきています。

出典|葬儀ベストネット
Copyright Interlink. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、内容は地域・宗派によって異なる場合があります。

世界大百科事典 第2版の解説

さいじょう【斎場】

祭礼行事のため,常設あるいは臨時に設けられる清浄な場所。大嘗祭(だいじようさい)の斎場,吉田神社の斎場所などが有名である。大嘗祭では悠紀(ゆき),主基(すき)の両斎国よりもたらされる稲穀や他の国々から献上される由加物などを納入する所を斎場という。在京斎場,京斎場,斎場院とも称した。抜穂(ぬいぼ),神服,由加物などの神への料物,祭祀の調度などはすべてここで調理設備され,決められた日(卯日)に大嘗宮へ運ばれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

さいじょう【斎場】

祭祀さいしを行う清浄な場所。祭場。
葬式を行う場所。 「青山-」
大嘗祭だいじようさいの時、神饌しんせんを調えるために設けられる建物。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

斎場の関連キーワード臨時国会検問所衆寮常設便殿臨時列車行事所立作りキャットウォーク

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

斎場の関連情報