斎場(読み)サイジョウ

デジタル大辞泉の解説

さい‐じょう〔‐ヂヤウ〕【斎場】

神仏を祭るために、特別に設けられた清浄な場所。いつきのにわ。斎場所。祭場。
葬儀を行う場所・会火葬場を兼ねていること多い。
大嘗祭(だいじょうさい)のとき、供物を調えるために設ける建物。斎場所

さ‐にわ〔‐には〕【場/沙庭】

神を招いて、お告げを聞く清浄な場所。
「建内宿禰(たけのうちのすくね)―に居て、神の命(みこと)を請ひき」〈・中〉
神のお告げを承る人。霊媒者。さにわびと。
「中臣(なかとみ)の烏賊津(いかつ)の使主(おみ)を喚(め)して、―とす」〈神功紀〉
神楽(かぐら)の和琴奏者。
[補説]「さ」は稲のとも、「さや(清)」のともいう。

ゆ‐にわ〔‐には〕【場/斎庭】

神を祭るために(い)清めた場所。さいじょう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

さいじょう【斎場】

祭礼行事のため,常設あるいは臨時に設けられる清浄な場所。大嘗祭(だいじようさい)の斎場,吉田神社の斎場所などが有である。大嘗祭では悠紀ゆき),主基(すき)の両斎国よりもたらされる稲穀や他の国々から献上される由加物などを納入する所を斎場という。在京斎場京斎場斎場院とも称した。抜穂(ぬいぼ),神服,由加物などの神への料物,祭祀調度などはすべてここで調理設備され,決められた日(卯日)に大嘗宮へ運ばれる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

いみ‐ば【斎場】

〘名〙 斎み清めた、神をまつる場所。さいじょう。ゆにわ。

さい‐じょう ‥ヂャウ【斎場】

〘名〙
① 神仏をまつり礼拝する清浄な場所。いつきのにわ。まつりのにわ。斎場所。祭場。
※観智院本三宝絵(984)下「斎場に僧をかぞふれば千僧一をあませり」 〔王安石‐南郊青城文〕
② 大嘗祭(だいじょうさい)のとき、神への供え物を用意するために設けられる建物。斎場所。斎庁所。
※儀式(872)二「次斎場預官人等点定斎場内外院服院并雑殿地
③ 京都の吉田神社にある吉田神道の神殿。日本最上神祇斎場所。〔唯一神道名法要集(1511頃)〕
④ 近代以降、葬儀を行なう場所をいう。葬儀場。
※煤煙(1909)〈森田草平〉二四「谷中の斎場から団子坂の方へ行く道を取った」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

薬剤耐性菌

薬剤、特に抗生物質などに対する抵抗性を獲得した細菌。MRSA(メチシリン耐性黄色ぶどう球菌)・PRSP(ペニシリン耐性肺炎球菌)など。耐性菌。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android