コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

願西尼 がんさいに

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

願西尼 がんさいに

?-? 平安時代中期の尼僧。
源信の姉。天台宗。ひたすら法華経をよみ,念仏をとなえた。戒律をまもり,清貧にあまんじ,布施はすべてまずしい人々にわけあたえたという。寛弘(かんこう)年間(1004-12)に死去。大和(奈良県)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

願西尼

生年:生没年不詳
平安中期の尼。父卜部正親と母清原氏の子。源信の姉。戒律を護り,『法華経』を数万部も読誦し,数えきれないほどの念仏をし,自己の罪根を強く恐れていた。食はわずかに命を支え衣はわが身を隠すに必要なものに限り,あとは貧者に与えたという。このため多くの人が帰依し,普賢菩薩や観音菩薩も彼女を擁護し摩頂(頭をなでる。転じてかわいがるの意)するという不思議を現した。寛弘年中(1004~12)に没したが,臨終の刹那に,眼に光明を見,耳に妙法を聞き,合掌して仏を礼拝しながら息絶えた。なお『今昔物語』(巻12~30)の願西話の後半には妹の願証の話が混入している。<参考文献>『本朝法華験記

(小原仁)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

願西尼の関連キーワード願証尼尼僧

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android