コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

同気 ドウキ

デジタル大辞泉の解説

どう‐き【同気】

同じ気質のもの。気の合った仲間。
「―一体となることを」〈中村訳・西国立志編

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

どうき【同気】

同じ気質。また、気のあった仲間。同類。 「 -もとむる肉食群集/安愚楽鍋 魯文
兄弟。同胞どうほう。 「親にも超てむつましきは-兄弟の愛也/太平記 29
[句項目]

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

同気の関連キーワードハン(Julius Ferdinand von Hann)世界気候計画福井 敏雄和達 清夫世界の諺藤原咲平標準大気和達清夫太平記六親

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

同気の関連情報