繋辞(読み)けいじ

精選版 日本国語大辞典「繋辞」の解説

けい‐じ【繋辞】

[1] 〘名〙
① 中国、古の聖人(文王・周公)が、いの結果あらわれた卦(け)(こう)を観て、その吉凶を明らかにするために言葉を連ねたこと。また、その言葉。
※両足院本周易抄(1477)一「婚媾せん者をと思や。此を察して周公繋辞するなり」 〔易経‐繋辞上〕
② (copula の訳語) 論理学、言語学の用語。命題主辞賓辞とを連結して否定または肯定を表わす語。英語の be 詞や、「吾輩は猫である」の「である」の類。連辞コピュラ
※論理学(1916)〈速水滉〉一「繋辞は主辞と賓辞を連結する作用を為すもので」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「繋辞」の解説

繋辞
けいじ
copula

コプラ,コピュラともいう。論理学で,主語 (主辞) と述語 (賓辞) とを連結する役割をになう語をさし,のちにこれが文法用語としても用いられるようになった。英語を例にとると,beが代表的なもので,beと同じ統辞的機能をもつ become,get,remain,seem,turnなど,いわゆる不完全自動詞がすべて含まれる。日本語では意味のうえから「コレハ本ダ」などの「~ハ~ダ」が対応するということになろうが,このように言語ごとに対応する表現法の文法的性質が異なるので,文法論的には有効な概念といえない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「繋辞」の解説

けい‐じ【×繋辞】

copula》論理学で、命題の主辞と賓辞とをつなぎ、両者の関係を言い表す言語的表現。「は哺乳類である」の「である」の類。連語。連辞。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android