コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

類題集 るいだいしゅう

世界大百科事典 第2版の解説

るいだいしゅう【類題集】

歌集,俳諧発句集の一種。和歌を題材別に分類して編集した私撰歌集の一種で,これを模倣して俳諧の類題発句集も編集された。歌集では,今日知られる最古のものは10世紀後半の《古今和歌六帖》で,《万葉集》《古今集》《後撰集》などの約4500首の歌を天象,地儀,人事,草虫木鳥の25項目,516題に分類する。名所別の類題集では里村昌琢編の《類字名所和歌集》(1617)が有名である。収載歌数の多いものでは《名所栞(めいしよしおり)》。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

類題集の関連キーワード仁井田碓嶺坂倉松鱸小西来山石津亮澄私撰集六家集

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android