コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

守武 モリタケ

5件 の用語解説(守武の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

もりたけ【守武】

荒木田守武(あらきだもりたけ)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

守武【もりたけ】

荒木田守武

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

もりたけ【守武】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

守武
もりたけ
(1473―1549)

室町後期の俳人。伊勢内宮禰宜(いせないくうねぎ)荒木田(薗田(そのだ)家)氏秀(うじひで)の子。15歳のとき十禰宜、以後累進して69歳のとき一禰宜となり、内宮長官を務める。伊勢山田は南北朝期から連歌が盛んで、守武も少年のころから連歌をたしなみ、宗祇(そうぎ)編『新撰菟玖波集(しんせんつくばしゅう)』(1495成)には兄守晨(もりとき)とともに一句ずつ入集(にっしゅう)している。現存の連歌作品には『法楽発句集(ほうらくほっくしゅう)』『宗長(そうちょう)追善千句』『秋津洲(あきつす)千句』などがあり、おもに宗長、宗碩(そうせき)、肖柏(しょうはく)の指導を受けた。ほかに『法楽和歌千首』、『世中百首』(道歌)、恋の小話23編などを収めた『守武随筆』の著述もあるが、彼の名を高からしめたのは俳諧(はいかい)作品である。すでに1530年(享禄3)に独吟百韻を詠み、俳諧に興味を示していた彼は、1536年(天文5)に史上初の千句独吟を試み、苦心のすえ、4年後にようやく完成にこぎ着けた。没後『守武千句』の名で刊行(1652)され、彼を俳諧始祖の地位に押し上げた。その作風は、無心所着体(むしんしょじゃくたい)(意味不明の句作りをいう)を基調とする前句付(まえくづけ)風の付け方が目だち、荒唐無稽(こうとうむけい)な笑いの世界をつくりだした。ほかに『俳諧詠草』(付句29)、晨彦(ときひこ)らとの『四吟百韻』の俳諧作品がある。伊勢の地は彼を中心として一大俳諧勢力を築き上げ、貞門、談林両期はもちろん、中興期に至るまで俳壇に大きな影響を与え続けた。[加藤定彦]
 元日や神代のことも思はるゝ
『『荒木田守武集』(1951・神宮司庁) ▽伊藤正雄著『荒木田守武』(『俳句講座2 俳人評伝 上』所収・1958・明治書院) ▽奥野純一著『伊勢神宮神官連歌の研究』(1975・日本学術振興会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

守武の関連キーワード荒木田荒木田斎震荒木田大学荒木田守晨荒木田守夏荒木田守宣荒木田守訓荒木田守良井面守訓薗田守夏

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

守武の関連情報