コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

風鈴蕎麦 フウリンソバ

デジタル大辞泉の解説

ふうりん‐そば【風鈴蕎麦】

夜鳴きそばの一種。江戸時代屋台風鈴をつけ、夜食用のそばを売り歩いたもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふうりんそば【風鈴蕎麦】

夜なき蕎麦の一。江戸時代、屋台に風鈴をつけ夜間に売り歩いた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の風鈴蕎麦の言及

【風鈴】より

…風鈴は錘の下に短冊など軽いものを結びつけ,これが風で動かされるときの力を利用して鐸を打たせるしくみになっているので,名称としては風鐸がふさわしい。起源は中国の仏堂や塔に下げられた風鐸にあり,日本の風鈴に関する記述は鎌倉時代から見られ,《下学集》の記載からも室町時代には大衆化していたことがうかがえ,軒先につるして涼を音で感じるほか,風鈴蕎麦など風鈴をつるした屋台のそば売りにも用いられた。吊鐘のように鋳物で作られ,南部鉄瓶で有名な盛岡地方の風鈴はよい音で知られる。…

※「風鈴蕎麦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

風鈴蕎麦の関連キーワードとち食らふ夜間

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android