コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

風鐸 フウタク

2件 の用語解説(風鐸の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ふう‐たく【風×鐸】

仏堂や仏塔の軒の四隅などにつるす青銅製の鐘形の鈴。宝鐸。
風鈴(ふうりん)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ふうたく【風鐸】

堂塔の軒の四隅につり下げて飾りとする鐘形の鈴。青銅製。宝鐸。
風鈴ふうりん 」に同じ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の風鐸の言及

【鐘∥鉦】より

…インドでは前6世紀ころからヒンドゥー教で小型の鈴(れい)は音楽に,蓮の花をかたどった大型の鐘は寺院の入口につり下げられて使用されたといわれている。仏教においても同様に鈴(れい)と鐘が広く用いられたほか,多くの風鐸が寺院や仏塔の軒につられ,風の力で壮大な響きを作り出したが,東方への伝播と共に開放部が円形の鐘が中国でも作られるようになり,さらに鐘の音を信仰心のあらわれとする朝鮮半島の人々の信条から,同地域で巨大な鐘の鋳造が盛んになって中国,日本に及び,この地域独特の梵鐘が誕生した。中央アジアでは,鐘は先史時代から遊牧民族の生活に則した小型のものが用いられ,西アジアでは前1000年ころからまず鈴(れい)が祭礼に用いられ,次いで前500年ころから同地域一帯で小型の鐘が動物につけられるようになったといわれている。…

【鐸】より

…正倉院には聖武天皇の一周忌(757)に使った幡(ばん)につるした有鈕有舌のかねが伝存し,〈東大寺枚幡鎮鐸……〉の銘をもつ。今日,風鐸と呼ばれるものは,堂塔の軒あるいは相輪に垂下し,舌が風に揺れ身に触れて鳴るかねで,《西大寺資財流記帳》は,奈良西大寺薬師院薬師金堂,弥勒金堂の風鐸を〈鐸〉〈銅鐸〉と表す。また薬師金堂の鴟尾(しび)の上に飾られた金銅製の鳳凰が,口に〈銅鐸〉をくわえていたとも記している。…

【風鈴】より

…風鐸(ふうたく)ともいう。鐸とは形が鐘に似て,中央に舌(ぜつ)がつり下げられ,舌の先の錘(すい)が内側を打って音を出すものを指す。…

※「風鐸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

風鐸の関連キーワード荘厳仏塔十方星点吊るす軒先仏舎宝鐸

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

風鐸の関連情報