コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サナキ

11件 の用語解説(鐸の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

さなき【×鐸】

鉄製の大きな鈴。上代、祭式に用いられた。ぬりて。ぬて。

たく【×鐸】

銅または青銅製の大型の鈴。扁平な鐘の中に舌(ぜつ)があり、上部の柄(え)を持って振り鳴らす。古代中国で教令を伝えるときに用い、文事には木鐸、武事には金鐸を用いたという。鐸鈴。ぬて。ぬりて。
大形の風鈴(ふうりん)。

たく【鐸】[漢字項目]

[音]タク(漢)
大きな鈴。「銅鐸木鐸(ぼくたく)
風鈴(ふうりん)。「風鐸

ぬて【×鐸】

ぬりて(鐸)」の音変化。
「百伝(ももづた)ふ―ゆらくも置目(おきめ)来らしも」〈・下・歌謡〉

ぬり‐て【×鐸】

古代、長い柄をつけ、合図のために振り鳴らした鈴状・鐘状のもの。たく。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

たく【鐸】

青銅製の〈かね〉の一種。中国では有柄有舌の〈かね〉をさす。すなわち,筒状の身(かねの本体)の閉じた方の端に長い柄が直立し,他端は開いたまま終わる。身の内側につるした発音用の棒(舌(ぜつ))を振り鳴らす。周代に出現し,〈鐸〉の銘をもつ実例もある。一方,中国では有鈕有舌のかね,つまりつり手(鈕(ちゆう))をそなえた揺れ鳴るかねを鈴と呼んだが,日本では7~8世紀以来,これを鐸の文字で表現し,〈さなぎ〉〈ぬりて〉〈ぬで〉と訓じた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

さなき【鐸】

たく(鐸) 」に同じ。 「鉄くろがねの-を作らしむ/古語拾遺」

たく【鐸】

中国古代の鈴の一種。銅または青銅製の扁平な釣り鐘形で、中に舌があり、上方の細長い柄を持って振り鳴らす。舌が木製のものを木鐸ぼくたく、金属製のものを金鐸という。ぬて。ぬりて。さなき。鐸鈴。
風鈴。

ぬて【鐸】

ぬりて(鐸) 」に同じ。 「浅茅原小谷を過ぎて百伝ふ-響ゆらくも置目来らしも/古事記

ぬりて【鐸】

たく(鐸) 」に同じ。上代、合図のために用いた。 「 -を懸けて、謁者に労いたわること無かれ/日本書紀 顕宗訓

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


たく

銅または青銅で鋳造した大型の鈴。鐸鈴(たくれい)ともいう。偏平な鐘状をなしており、上部につく細長い柄(え)を持って振り鳴らした。古代中国では、教令を宣(の)べる際、人民を戒めるために鳴らし、文事には木製の舌(ぜつ)、軍事には金属製の舌を用いたという。木舌をもつものを「木鐸(ぼくたく)」といい、転じて世人を教え導く者の意を表す。日本では「ぬて」「ぬりて」「さなき」とも称した。寺院などで用いる「風鐸」は、軒下に吊(つ)るし風に鳴らす鈴である。[兼築信行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のの言及

【鐸】より

…身の内側につるした発音用の棒(舌(ぜつ))を振り鳴らす。周代に出現し,〈鐸〉の銘をもつ実例もある。一方,中国では有鈕有舌のかね,つまりつり手(鈕(ちゆう))をそなえた揺れ鳴るかねを鈴と呼んだが,日本では7~8世紀以来,これを鐸の文字で表現し,〈さなぎ〉〈ぬりて〉〈ぬで〉と訓じた。…

【鈴】より

…レイは有鈕有舌,すなわち筒状の身の閉じた方の端に鈕をそなえ,もう一端は開いて終わり,内側に発音用の棒(舌(ぜつ))を吊して,これが身を打って発音する。このレイを日本では,銅鐸,風鐸,馬鐸などのように,古くから(たく)と呼ぶ。しかし中国で鐸とするのは有柄有舌のカネで,鈕によって吊り下げるのではなく,把手をそなえ,これを握って揺らし鳴らすものをいう。…

【鈴】より

…〈鈴〉の字をレイと読む場合,日本では有柄有舌の体鳴楽器,すなわち把手をもち内部に舌(ぜつ)を吊るして,振ると舌が本体の内側を打って発音するものをいい,一般には密教法具の金剛鈴(こんごうれい)を指す。しかし中国で〈鈴〉とするものは,スズや日本のレイと異なり,有鈕有舌の鐘(かね),すなわち吊り手をもち,内部に舌を吊るすものをいい,日本ではこれを古くから(たく)と呼んでいる。さらに中国ではレイにあたる有柄有舌のものに鐸の字を用いており,混乱を招きやすい。…

【鐸】より

…身の内側につるした発音用の棒(舌(ぜつ))を振り鳴らす。周代に出現し,〈鐸〉の銘をもつ実例もある。一方,中国では有鈕有舌のかね,つまりつり手(鈕(ちゆう))をそなえた揺れ鳴るかねを鈴と呼んだが,日本では7~8世紀以来,これを鐸の文字で表現し,〈さなぎ〉〈ぬりて〉〈ぬで〉と訓じた。…

【鐸】より

…身の内側につるした発音用の棒(舌(ぜつ))を振り鳴らす。周代に出現し,〈鐸〉の銘をもつ実例もある。一方,中国では有鈕有舌のかね,つまりつり手(鈕(ちゆう))をそなえた揺れ鳴るかねを鈴と呼んだが,日本では7~8世紀以来,これを鐸の文字で表現し,〈さなぎ〉〈ぬりて〉〈ぬで〉と訓じた。…

※「鐸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鐸の関連情報