コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飛んで火に入る夏の虫 トンデヒニイルナツノムシ

デジタル大辞泉の解説

飛(と)んで火(ひ)に入(い)る夏(なつ)の虫(むし)

明るさにつられて飛ん来た夏の虫が、火で焼け死ぬ意から、自分から進んで災いの中に飛び込むことのたとえ
[補説]この句の場合、「入る」を「はいる」とは読まない。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とんでひにいるなつのむし【飛んで火に入る夏の虫】

〔明かりにつられて飛んで来た夏の夜の虫が火に触れて焼け死ぬことから〕
それと気づかずに、また、自ら進んで危険に飛び込むことのたとえ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

飛んで火に入る夏の虫の関連キーワード火に入る虫飛ぶ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

飛んで火に入る夏の虫の関連情報