飛泉(読み)ヒセン

デジタル大辞泉の解説

ひ‐せん【飛泉】

高い所から勢いよく落下する水。滝。飛瀑(ひばく)。
勢いよく噴出する泉。噴泉。
「―俄に湧出でき」〈太平記・一〇〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひせん【飛泉】

高い所から落ちる水。滝。また、激しくわき出る泉。 「 -にはかに湧き出き/太平記 10

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ひ‐せん【飛泉】

〘名〙 高い所から勢いよく落ちる水。たき。瀑布。また、にわかにわき出る
※文華秀麗集(818)上・秋山作〈朝野鹿取〉「谿生濃霧薄縠、水写軽雷飛泉」 〔後漢書‐耿恭伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android