コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朝野鹿取 あさのの かとり

3件 の用語解説(朝野鹿取の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

朝野鹿取 あさのの-かとり

774-843 平安時代前期の公卿(くぎょう)。
宝亀(ほうき)5年生まれ。大学寮にまなび,文章生(もんじょうしょう)となる。延暦(えんりゃく)23年唐(とう)(中国)にわたり,翌年帰国。嵯峨(さが)天皇の侍講。天長10年参議となり,左大弁,民部卿(きょう)などを歴任,従三位にいたる。「内裏式」「日本後紀」の編修にくわわり,詩は「文華秀麗集」に6首がおさめられている。承和(じょうわ)10年6月11日死去。70歳。本姓は忍海原(おしぬみはら)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

朝野鹿取

没年:承和10.6.11(843.7.11)
生年:宝亀5(774)
平安初期の公卿,文人。大和国正六位上忍海原鷹取の子。大学での勉強に当たり,家格の低さから叔父である正六位上朝野道長の養子となって都に上ったが,延暦11(792)年自ら申し出て父の戸籍(本姓)に戻っている。「すこぶる史漢に渉り,かねて漢音を知る」といわれ,その知識を買われて同21年遣唐准録事(准主典)として入唐,帰国後は『日本後紀』『内裏式』の編纂に携わる一方,皇太子神野親王(のちの嵯峨天皇)の侍講を務めている。天長10(833)年参議に昇進,博識の能吏として人望も厚かった。その詩文は『文華秀麗集』に収める。神楽歌や催馬楽など宮廷儀礼歌の名手でもあった。

(瀧浪貞子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

あさののかとり【朝野鹿取】

774‐843(宝亀5‐承和10)
平安初期の貴族,文人。もと大和国人で,正六位上忍海原鷹取の子。叔父従六位上朝野道長の子として出身した。大学に学び,文章生となる。遣唐准録事として入唐。式部録,左大史ののち,811年(弘仁2)嵯峨天皇が皇太子のとき侍講であったことにより従五位下となる。左近衛少将,主殿頭,内蔵頭,兵部大輔をへて,820年従四位下,のち中務大輔,民部大輔,また嵯峨天皇の蔵人,蔵人頭。ついで左中弁,大宰大弐,833年(天長10)仁明天皇即位とともに参議となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

朝野鹿取の関連キーワード北小路俊昌藤島宗順座田重就棡友壽大和国家三十階斎部浜成国正(初代)角広弁藤原賀登子

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone